国慶節花火、総統「東部重視の表れ」

32
双十国慶節の花火大会が10日夜、花蓮で開催された。蔡英文・総統(後列右から二人目)はあいさつの中で、花蓮で国の誕生日を祝う花火大会を開催するのは、政府の花蓮に対する重視と東部の発展に対する支持、を示していると述べた。(写真:CNA)

双十国慶節の花火大会が10日夜、花蓮で開催された。蔡英文・総統はあいさつの中で、花蓮で国の誕生日を祝う花火大会を開催するのは、政府の花蓮への重視と東部の発展への支持、そして全国の国民の花蓮に対する支持を示していると述べた。

蔡・総統は、花火大会観賞のために花蓮を訪れた人たちに対して花火大会が終わっても花蓮に数日滞在して花蓮の美しさを満喫し、実際の行動で花蓮を支持するよう呼びかけた。花蓮は今年2月に地震が発生し、地元の観光業はその影響を受けている。

蔡・総統はさらに、今晩広々とした太平洋の上空に花火を打ち上げたのは、強靭な海洋国家の人々は大きな信念で挑戦に立ち向かうことができることを象徴すると締めくくった。

(編集:王淑卿)